検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Maintenance concept for the SlimCS DEMO reactor

原型炉SlimCSの保守概念

飛田 健次; 宇藤 裕康; 角舘 聡; 高瀬 治彦; 朝倉 伸幸; 染谷 洋二; Liu, C.

Tobita, Kenji; Uto, Hiroyasu; Kakudate, Satoshi; Takase, Haruhiko; Asakura, Nobuyuki; Someya, Yoji; Liu, C.

原型炉の稼働率を改善するため、セクター一括水平引き抜き概念の設計検討を行った。730トンに達するセクターの搬送は多数の車輪/軸受けから構成される台車をセクター下部に挿入して行う。台車挿入後、その上面に設置したジャッキを利用して台車への荷重の移行を行う。カウンターバランスを使わずにセクターをキャスク内に引き込むために、クライオスタット側面を支点としてナット回転ボールネジを駆動する方式を採用した。セクター搬入後は、エアーキャスターを利用してクライオスタットからホットセルまでキャスクを搬送する。このほか、ロープ支持構造体とシャフトによるトロイダルコイル転倒力の伝達,コンクリート床及びクライオスタットによる転倒力支持など、保守に関連する新しい要素技術を提案した。この保守方式によって全セクターの交換に要する期間は35.5-67.5日と見積もられ、目標(3か月未満)を満たす見通しを得た。

For high availability of DEMO operation, sector horizontal transport hot cell maintenance scheme was studied. Transport of sector with 730 tons is carried out using a wheeled platform. The driving force of pulling the sector into a cask is ball screws. The fulcrum of the ball screws is the cryostat wall so that a large pulling force is expected with no-counter balance. The cask containing the sector is delivered by air casters from the cryostat to the hot cell. For the maintenance scheme, new concepts such as transfer of the tilting forces of toroidal coils using ropes and shafts and supports for the tilting force using reinforced concrete floor or cryostat wall were proposed. Based on the maintenance concept, the period required for replacement of all sectors is estimated to be 35.5-67.5 days, satisfying the design target (shorter than 3 months).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:74.14

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.