検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高角度傾斜の断層に伴う割れ目の特徴とその空間分布の把握; 瑞浪超深地層研究所における水平ボーリング調査を例として

Characteristics and spatial distribution of fractures associated with fault; Case study of the horizontal borehole investigation in Mizunami Underground Research Laboratory

石橋 正祐紀; 田上 雅彦; 松岡 稔幸; 鶴田 忠彦 

Ishibashi, Masayuki; Tagami, Masahiko; Matsuoka, Toshiyuki; Tsuruta, Tadahiko

日本原子力研究開発機構では、地層処分研究開発の基盤の整備として深部地質環境の調査・解析・評価技術の整備を目的とした研究を岐阜県瑞浪市において実施している。そのひとつとして、現在は、主立坑沿いに認められている断層(以下、主立坑断層)とそれに伴う割れ目の特徴とその空間分布の把握を目的として、深度300m研究アクセス坑道から水平方向にボーリング孔を掘削している。本報告では、ボーリング孔から得られた主立坑断層及びそれに伴う割れ目に関する情報を取りまとめ、先行して実施した深度300m研究アクセス坑道の壁面観察の結果と比較した。その結果、主立坑断層の特徴とその空間分布や主立坑断層に伴う割れ目帯区分の結果の整合性を理解した。また、新たに割れ目頻度や母岩の変質を伴う割れ目帯の分布の違いなど、主立坑断層に伴う割れ目の分布の不均質性を確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.