検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力分野におけるスーパーコンピューティングとモンテカルロ・シミュレーション; Joint Int. Conf. on Supercomputing in Nuclear Applications + Monte Carlo 2010 (SNA + MC 2010)

Joint Int. Conf. on Supercomputing in Nuclear Applications + Monte Carlo 2010 (SNA + MC 2010)

森 貴正; 中島 憲宏

Mori, Takamasa; Nakajima, Norihiro

「原子力分野におけるスーパーコンピューティングとモンテカルロ・シミュレーション」合同国際会議(SNA+MC 2010)が、原子力機構主催、OECD/NEA,日本原子力学会及び同計算科学技術部会共催で開催された。SNAは第1回が1990年に水戸で開催されて今回が第7回目、MCは第1回が2000年にリスボンで開催されて今回が第3回目となる。27か国から377名(内、学生49名)、海外からは156名(内、学生22名)が参加し、8件の招待講演、259件の口述発表及び75件のポスター発表を行い、最先端の原子力分野のシミュレーションや粒子輸送モンテカルロ・シミュレーションの理論と応用に関する研究について活発な議論が行われた。主な海外からの参加者は、米国46名,フランス25名,ドイツ14名,スイス12名、等であったが、アジアからも中国,韓国各8名、台湾3名,マレーシア1名,サウジアラビア3名,アフリカからもアルジェリア,南アフリカ各1名の参加があった。これらを通して、欧米はもちろんのことアジア,アフリカ地域まで計算科学の重要性が高まっていることが伺えた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.