検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status of the AMS facility at the Tono Geoscience Center of the Japan Atomic Energy Agency

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターに設置されている加速器質量分析施設の現状

國分 陽子; 西澤 章光*; 鈴木 元孝*; 大脇 好夫*; 西尾 智博*; 松原 章浩; 齋藤 龍郎; 石丸 恒存; 梅田 浩司; 花木 達美

Kokubu, Yoko; Nishizawa, Akimitsu*; Suzuki, Mototaka*; Owaki, Yoshio*; Nishio, Tomohiro*; Matsubara, Akihiro; Saito, Tatsuo; Ishimaru, Tsuneari; Umeda, Koji; Hanaki, Tatsumi

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、1997年に加速器質量分析装置JAEA-AMS-TONOを導入した。1998年以来、炭素同位体比のルーチン的な測定を行っている。近年の測定数は年間約800試料であり、おもに高レベル放射性廃棄物の地層処分の長期安定性研究に関連した地質構造や水理地質学の研究に利用している。また原子力機構の施設供用制度のもと、本装置は大学や他の研究機関の研究者にも利用されている。また、堆積速度や岩石の露出年代の推定など地球年代学研究を行うため、$$^{10}$$Be-AMSの開発も行っている。$$^{10}$$Be測定時の妨害となる$$^{10}$$Bの効果的な除去を期待し、以前より大きなガス吸収セルを有するMadenらにより報告されたガスカウンター検出器に変更した。装置の測定パラメーターの最適化を行い、標準試料を用いた試験測定を行った。測定した$$^{10}$$Be/$$^{9}$$Be比は、保証値とほとんど一致し、われわれの装置が$$^{10}$$Be-AMSの利用に十分な能力を有することを確認した。

The Tono Geoscience center of JAEA installed the JAEA-AMS-TONO system at 1997. Since 1998, the system has routinely used for $$^{14}$$C-AMS. Recently, about 800 samples/y have been measured mainly for studies of neotectonics and hydrogeology in relation to research of geosphere stability for long-term Isolation of high-level radioactive waste. Under the common-use facility program, the system has also been used by researchers of universities and other institutes. In addition, $$^{10}$$Be-AMS has been developed for geochronological study. A gas ionisation detector was exchanged. As the detector has a gas absorber cell which has larger volume than the previous one, it is possible to remove $$^{10}$$B efficiently. Test measurement by using several standard samples supplied from University of California, Berkeley was performed. Ratios of $$^{10}$$Be/$$^{9}$$Be were comparable to the certified values, indicating that our system has sufficient ability to be useful to $$^{10}$$Be-AMS.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:72.96

分野:Instruments & Instrumentation

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.