検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

MOX燃料施設から発生するプルトニウム系固体廃棄物の焼却技術

Incineration technology of plutonium contaminated solid waste generated from MOX fuel fabrication facilities

柴田 祐一

Shibata, Yuichi

高速増殖原型炉「もんじゅ」及び高速実験炉「常陽」用のMOX燃料製造に伴い、プルトニウムで汚染したさまざまな固体廃棄物が発生する。これらの固体廃棄物は処分方法が確定するまでの間、当該サイトに保管している。保管の際の管理の合理化及び処分時のコストを低減するため、廃棄物の発生量の低減だけではなく、減容処理が必要となっている。日本原子力研究開発機構(JAEA)では、MOX燃料製造開始当初から固体廃棄物の減容技術の開発を行ってきた。それらの成果の集大成としてプルトニウム廃棄物処理開発施設(PWTF)を建設し、減容技術の実証試験を行ってきた。実証試験において実廃棄物を処理して得られた知見を元に、MOX燃料製造設備から発生する廃棄物に最適化した焼却技術を新たに開発した。本稿ではMOX燃料製造設備から発生する廃棄物の焼却処理技術について述べる。

Plutonium-contaminated solid wastes have been generated during MOX fuel fabrication in the Japan Atomic Energy Agency (JAEA). Chlorine contained solid wastes such as PVC bags and chloroprene rubber gloves have been steadily generated because MOX fuel fabrication equipments are installed in glove boxes. Incinerations of chlorinated wastes cause the problems such as corrosion of the equipments and dust load against the exhaust system. The JAEA had designed and manufactured a new type incineration system for chlorine contained wastes and combustible wastes based on past experience gained by the operation of the Plutonium contaminated Waste Treatment Facility (PWTF) to solve the problems.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.