検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

JRR-3データ処理計算機システムの開発

Development of the JRR-3 data processing computer system

大内 諭; 諏訪 昌幸; 井坂 浩二; 池亀 吉則; 寺門 義文

Ouchi, Satoshi; Suwa, Masayuki; Isaka, Koji; Ikekame, Yoshinori; Terakado, Yoshibumi

JRR-3は、平成2年3月に初臨界に達して以来、各種照射設備及び中性子ビーム実験装置を装備した高性能研究用原子炉として、機構内外の利用に供している。JRR-3の運転に関する機器の操作,制御,監視及びプロセスデータ(温度,流量,電圧,圧力等)の計測,収集は、複数の計算機及びアプリケーションソフトを用いている。複数の計算機及びアプリケーションソフトによりデータの集計,演算処理を行っていることから、複雑で多くの維持管理が必要であった。また、複数の計算機を介することからデータ授受時にデータの取り違えなどもあり、データ管理に影響を及ぼしていた。そのため、データ通信を簡便に行える通信方式に変更し、すべての計算機間のデータが同期する計算機システムを開発し、問題を解消するデータ処理計算機システムを開発した。本報告は、平成19年度に実施したデータ処理計算機システムの開発についてまとめたものである。

JRR-3 has been utilized for various researches such as neutron irradiation experiment, neutron beam experiment and so on as a high performance research reactor with thermal power of 20 MW since the first criticality in March, 1990. Process data needed for JRR-3 operation such as temperatures, pressures, and flow rates, etc. had been processed by JRR-3 process computer system which consisted of several computer systems and several application softwares. The system needed complicated data administration and conservation. Also there was a problem in the administration of recording data. Data discrepancy among computers used in the system was taken place since the system was not so designed as to synchronize the process timing among the computers. Therefore, we developed a program to synchronize among all of the computers. This paper reports the development of data processing computer system.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.