検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

第22回ふげん廃止措置技術専門委員会資料集

Document collection of the 22nd Technical Special Committee on Fugen Decommissioning

忽那 秀樹; 松森 亮*; 泉 正憲; 林 宏一; 東浦 則和

Kutsuna, Hideki; Matsumori, Akira*; Izumi, Masanori; Hayashi, Hirokazu; Higashiura, Norikazu

原子力機構は、新型転換炉ふげん発電所の新型転換炉原型炉施設の廃止措置計画を平成18年11月7日に認可申請し、平成20年2月12日に認可を受けた。これに伴い、新型転換炉ふげん発電所を原子炉廃止措置研究開発センター(以下「ふげん」という。)に改組し、施設の解体撤去作業に着手するとともに、自らの廃止措置に関する技術の開発及びこれに必要な研究(以下「廃止措置技術開発」という。)を実施している。この廃止措置技術開発を計画・実施するにあたり、「ふげん」を国内外に開かれた技術開発の場及び福井県が目指すエネルギー研究開発拠点化計画における研究開発拠点として十分に活用するとともに、当該技術開発で得られる成果を有効に活用することを目的として、原子力機構内外の有識者で構成される「ふげん廃止措置技術専門委員会」を設置している。本稿は、平成22年9月14日に開催した第22回ふげん廃止措置技術専門委員会において発表された資料「廃止措置の状況」,「重水系機器を用いた放射性腐食性生物(CP)除染試験」,「管理データ評価システムの「ふげん」への適用」,「クリアランス制度運用に向けた準備状況」についてまとめたものである。

In planning and carrying out our decommissioning technical development, "Technical special committee on Fugen decommissioning", which consists of the members well-informed, is established, aiming to make good use of Fugen as a place for technological development which is opened inside and outside the country, as the central point in the energy research and development base making project of Fukui prefecture, and to utilize the outcome in our decommissioning to the technical development effectively. This report compiles presentation materials "Current Situation of Fugen Decommissioning", "Radioactive Corrosion Products (CP) Decontamination Experiment with Heavy Water System Equipment", "Application of management data evaluation system to Fugen", "Preparatory Situation for Operation of Clearance System" of the 22nd Technical special committee on Fugen decommissioning which held on September 14, 2010.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.