検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子力施設の耐震シミュレーションのための妥当性評価システムの研究開発

R&D of validity evaluation system for seismic simulation of nuclear power plant

鈴木 喜雄; 宮村 浩子

Suzuki, Yoshio; Miyamura, Hiroko

近年、原子力施設全体規模の耐震挙動等、理論や実験で直接扱うことが困難な現象を扱える全容シミュレーションが可能となってきている。このようなシミュレーションを用いて現象を正確に把握するには、結果の妥当性評価,実現象の推定が不可欠である。しかしながら、このための方法論は十分確立されていない。われわれの最終目的は、この方法論の確立により、原子力施設全体を対象とした全容シミュレーションから実現象を推定可能とすることである。このため、原子力施設全体の耐震シミュレーションから得られる結果を対象として、妥当性評価及び実現象推定のためのシステムの研究開発を進めている。本研究では、シミュレーションに内在する種々の「不確かさ」の要因把握の一つとして、離散化に起因する不確かさを考慮して物理量の特徴的な空間変化を自動的に抽出するシステムを試作した。本システムを、システム計算科学センターが研究開発している、原子力施設の耐震シミュレーション(三次元仮想振動台)へ適用し、誤差評価を伴って応力値の空間変化を抽出できることを確認した。

Our goal is to evaluate the validity of results obtained from seismic simulation of entire nuclear power plant, and then to estimate real phenomena. In this study, we have established a trial system to evaluate the validity by automatically abstracting a characteristic spatial profile of physical values in consideration of uncertainty caused by discretization, as one of methods to reveal factors of various uncertainties included in the simulation. By applying the system to a seismic simulation, we have confirmed that various characteristic spatial profiles of stress with error estimation are automatically classified and abstracted from the simulation result.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.