検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

大気-植生-土壌複合系内$$^{14}$$C移行モデルの開発及び耕作地の$$^{14}$$C蓄積評価

Development of a sophisticated $$^{14}$$C transfer model in atmosphere-vegetation-soil system and model evaluation of $$^{14}$$C accumulation in a cultivated field

太田 雅和; 永井 晴康; 小嵐 淳

Ota, Masakazu; Nagai, Haruyasu; Koarashi, Jun

大気-植生-土壌複合系内$$^{14}$$C移行モデルを開発し、耕作地の表層土壌への$$^{14}$$C蓄積の数値実験を行った。モデルは大気・土壌中$$^{14}$$CO$$_{2}$$拡散及び光合成に伴う植生による$$^{14}$$CO$$_{2}$$取り込みを考慮した。過去に行われた$$^{14}$$CO$$_{2}$$曝露実験を模擬した計算を行ったところ、葉内乾物中$$^{14}$$C量計算値は実測値をおおむねファクター2の範囲内で再現した。本モデルを用いて定常放出により大気中$$^{14}$$CO$$_{2}$$濃度が一定値に保たれた耕作地において落葉・枯死に伴う表層土壌への$$^{14}$$C供給及びその後の土壌有機物分解に伴う大気への$$^{14}$$CO$$_{2}$$放出を模擬した数値実験を行った。その結果、年間の土壌への$$^{14}$$C供給と土壌から大気への$$^{14}$$CO$$_{2}$$放出は蓄積開始後数10年程度で平衡となること及び平衡時の植生の$$^{14}$$CO$$_{2}$$取り込み量は土壌中$$^{14}$$C蓄積がない場合に比べ1割程度増加することが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.