検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東海再処理施設における低放射性廃液の処理技術開発,10; 硝酸根分解済廃液のセメント固化試験

Development of treatment for low radioactive effluent in Tokai Reprocessing Plant, 10; Cement based encapsulation experiments for low-radioactive effluent from nitrate decomposition process

菅谷 篤志; 堀口 賢一; 圷 茂

Sugaya, Atsushi; Horiguchi, Kenichi; Akutsu, Shigeru

再処理施設から発生する硝酸Naを主成分とした低放射性廃液は、硝酸性窒素の環境基準の観点から廃棄体に含まれる硝酸イオンの低減化が検討されており、廃液中の硝酸イオンをギ酸・ヒドラジンを用いた触媒還元法によって分解する技術開発を行っている。さらに処分適合性を検討するうえでpHの確認が必要である。硝酸イオンを分解した結果発生する炭酸塩廃液は、pH約11.5のアルカリ廃液であり、さらにセメント材中のカルシウムと反応することで炭酸カルシウムと水酸化ナトリウムが生じpH12.5を超える高アルカリとなる。今回、pH低減効果が期待できるシリカフューム(SF)を添加材として利用し固化体の浸出液pHの低下が可能な固化条件を調査した。小規模試験の結果、SFの添加量上昇に伴い混練物pHが低下することを確認した。実規模試験ではSFを添加することで流動性の改善,pHの低下が確認されるとともに、自主基準値である10MPaを上回る強度が得られることが確認された。固形化材にSFを添加することで、良好な固化体を作製し浸漬液のpHを低下できることを確認した。ただし、本固化体の一部は可溶性であり、今後処分に向けての適合性検討が必要となる。

A large amount of nitrate in the effluent occurring from the Tokai reprocessing plant might cause the environmental pollution. The effluent is planning to be encapsulated by cement after treated in the nitrate ion decomposition process using a reductant and catalyst. Cement based encapsulation trials for low-radioactive effluent from the nitrate decomposition process is reported.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.