検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

次世代スーパーコンピュータ京における固体有限要素法解析の基礎的検討

Preliminary study on the finite element analysis for solid mechanics on K computer

山田 知典

Yamada, Tomonori

次世代スーパーコンピュータ京は、国家基幹技術として平成24年の供用開始を目指して、現在、神戸市において整備が進められている。平成21年度に文部科学省により京の計算機資源を必要とし、かつ、社会的・学術的に大きなブレークスルーが期待できる分野として5つの戦略分野が選定され、平成22年度より準備研究が開始された。本講演では「戦略分野,4; 次世代ものづくり」の一課題として実施している「原子力施設等の大型プラントの次世代耐震シミュレーションに関する研究開発」の中核ソフトウェアである固体有限要素法解析コードの次世代スーパーコンピュータ京における実装検討について述べる。

The Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) has been developing the next-generation supercomputer, which has capability of ten peta floating point operations per second, and will install it at Kobe city. As an application of macro-scale solid mechanics, Japan Atomic Energy Agency and his colleagues proposed a research activity on K entitled "next generation seismic analysis of large plants in its entirety" in Monodukuri field. In this paper, a preliminary study on the finite element analysis for solid mechanics on K is described.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.