検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

熱水力安全解析コードの開発に関する我が国と海外の動向

Development of thermal-hydraulic nuclear safety analysis code in Japan and overseas countries

中村 秀夫

Nakamura, Hideo

軽水炉の安全を確保するためには、原子炉システムの設計段階において、考え得る事故条件に対しても炉心が十分な余裕を持って冷却され続けることを、解析コードを用いた安全評価により確認しておく必要がある。福島第一原子力発電所の事故は、安全評価の前提に不十分な点があったことを思い知らされる事態であったが、精度良く事故現象を模擬できる解析コードの重要性をあらためて強く認識させるものでもあった。ここでは、安全評価などに用いられる熱水力解析コードの種類や利用法,開発状況をあらためて振り返り、関連する例として最近の韓国や中国でのコード開発を概観するとともに、我が国における今後のコード開発について考察した。

Long-term core cooling against any possible accident situations should be firmly secured and confirmed by the safety analyses using computer codes during the design phase of nuclear power plant. The accident at Fukushima Daiichi made us duly aware of incompleteness in the assumptions made for the safety analyses as well as the importance of the computer codes that accurately analyze such accidents. This paper tries to remind kinds, methods of utilization and development status of the computer codes for safety analysis, and to briefly review recent development efforts of such computer codes in Korea and China, both to re-consider how our code development should be in Japan.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.