検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

化学反応を用いた放射性物質の除染方法の提案,2

Proposal for the decontamination method of the radioactive substances by the chemical reaction, 2

江間 晃; 門 一実; 鈴木 和彦*

Ema, Akira; Kado, Kazumi; Suzuki, Kazuhiko*

核燃料施設を安全に解体する場合、施設内の放射性物質を除染することが必要となる。特に、ウラン濃縮プラントを解体する場合には、プラント機器の金属表面に付着した固体ウラン化合物を事前に除染しておくことが求められる。これを受け、七フッ化ヨウ素(IF$$_{7}$$)という特殊なガスを使用し、IF$$_{7}$$ガスとウラン化合物を化学反応させることにより、プラント機器の金属表面に付着したウラン化合物を除染する方法を提案する。本発表では、濃縮プラント内に設置してある実際のカスケードを用いた実規模実験結果等について報告する。

In the nuclear industry, when the nuclear facilities are dismantled, the decontamination work of the radioactive substances is carried out. The selection of the decontamination method is a big problem because the enlargement of decontamination plant and increases of disposal cost is caused. In this study, we propose the new decontamination method of the uranium compounds by IF$$_{7}$$ gas. In this presentation, we show the full-scale exam result and so on by using the actual uranium enrichment plant.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.