検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

「ふげん」のクリアランスにかかわる測定方法及び評価,1; 汚染状況の調査結果による適用性検討

Measurement procedure and evaluation on the clearance at FUGEN, 1; Applicability of the procedure based on the results of contamination survey

林 宏一; 毛利 直人; 北村 高一; 佐野 一哉

Hayashi, Hirokazu; Mori, Naoto; Kitamura, Koichi; Sano, Kazuya

原子炉廃止措置研究開発センターにおける各施設の代表箇所から汚染試料を採取して核種分析を行い、当面のクリアランス対象としているタービン設備の残存放射能濃度が、放射能減衰及び除染(DF100)を考慮することでクリアランスレベル以下であることを確認した。また、取得したデータからクリアランス対象物の放射能濃度の評価方法に必要な平均放射能濃度,核種組成比を設定し、クリアランスへの適用性について検討した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.