検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Modifications to the edge radial electric field by angular momentum injection in JT-60U and their implication for pedestal transport

JT-60Uにおける外部角運動量入射による径電場制御とペデスタル輸送への影響

神谷 健作; 本多 充; 宮戸 直亮; 浦野 創; 吉田 麻衣子; 坂本 宜照; 松永 剛; 大山 直幸; 小出 芳彦; 鎌田 裕; 居田 克巳*; 村上 泉*

Kamiya, Kensaku; Honda, Mitsuru; Miyato, Naoaki; Urano, Hajime; Yoshida, Maiko; Sakamoto, Yoshiteru; Matsunaga, Go; Oyama, Naoyuki; Koide, Yoshihiko; Kamada, Yutaka; Ida, Katsumi*; Murakami, Izumi*

JT-60UのNBI加熱プラズマにおけるType-I ELMy Hモードの周辺径電場構造について報告する。径電場は荷電交換分光計測による炭素イオンのトロイダル、ポロイダル及び反磁性フローの径方向の力の釣り合いから評価した。本研究では、NBIによる外部運動量入力方向を変化させた場合のType-I ELM発生直前の電場シアとイオン温度ペデスタル構造との関係に着目している。運動量入射方向に応じてトロイダル流だけでなくポロイダル流の変化が観測された。その結果、co-NBIの場合には電場シア領域が広がり、counter-NBIの場合には電場の井戸が深くなった。電流方向への運動量入射とともにイオン温度ペデスタル幅が広がる事はE$$times$$Bシア領域の拡大結果と矛盾しない。しかし運動量入射方向の違いによって電場シア構造が大きく異なるにもかかわらず最大イオン温度勾配には大きな変化は観測されていない。

Depending on the direction of the external tangential momentum input, substantial changes in not only toroidal but also poloidal flows for the carbon impurity ions are observed at around the $$E$$$$_{r}$$-well region. The shear in the edge $$E$$$$_{r}$$ becomes wider in the co-NBI case, while the edge $$E$$$$_{r}$$-well becomes deeper in the counter-NBI case.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:49.26

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.