検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Completion of IFMIF/EVEDA lithium test loop construction

IFMIF/EVEDAリチウム試験ループ建設の完了

近藤 浩夫; 古川 智弘; 平川 康; 井内 宏志; 金村 卓治; 井田 瑞穂; 渡辺 一慶; 堀池 寛*; 山岡 信夫*; 松下 出*; 若井 栄一; 中村 和幸

Kondo, Hiroo; Furukawa, Tomohiro; Hirakawa, Yasushi; Iuchi, Hiroshi; Kanemura, Takuji; Ida, Mizuho; Watanabe, Kazuyoshi; Horiike, Hiroshi*; Yamaoka, Nobuo*; Matsushita, Izuru*; Wakai, Eiichi; Nakamura, Kazuyuki

核融合原型炉の早期実現に向けた幅広いアプローチ(BA)活動の1つである、IFMIF/EVEDA(核融合炉材料照射施設の工学実証・工学設計活動)の枠組みで開発が進められているEVEDAリチウム試験ループは建設を成功裏に終え、総量2.5トンのリチウムの充填を完了した。その建設は、現地工事が2009年11月より開始され、2010年11月に関係官庁(消防)の検査に合格し、完成となった。引き続き行われたリチウムの充填では、グローブボックスを使って、空気の混入を防ぐなど雰囲気を厳密に管理した。リチウム充填中に採取したサンプルを分析したところリチウム中の窒素濃度は127wppmであった。これにより試験運転(機能確証試験)の実施が可能になった。

The EVEDA Li test loop (ELTL) successfully completed its construction and installation of a total of 2.5-ton Li in the frame work of the IFMIF/EVEDA as one of the ITER-BA. The construction was started on Nov. 2009 in the Oarai site of the Japan Atomic Energy Agency and completed on the middle of Nov. 2010 after passing an authority inspection by a fire department in Oarai town. Subsequently, the 2.5-ton Li was installed to the ELTL by using a glove box. The nitrogen concentration in the 2.5-ton Li was found to be 127 wppm.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:8.06

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.