検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画; 主立坑断層を対象としたボーリング調査結果報告書

Mizunami Underground Research Laboratory Project; Results of the borehole investigations to understand the geological environment in and around the Main-shaft fault

鶴田 忠彦; 武田 匡樹; 上野 孝志; 大丸 修二; 徳安 真吾; 尾上 博則; 新宮 信也; 石橋 正祐紀; 竹内 竜史; 松岡 稔幸; 水野 崇; 田上 雅彦*

Tsuruta, Tadahiko; Takeda, Masaki; Ueno, Takashi; Daimaru, Shuji; Tokuyasu, Shingo; Onoe, Hironori; Shingu, Shinya; Ishibashi, Masayuki; Takeuchi, Ryuji; Matsuoka, Toshiyuki; Mizuno, Takashi; Tagami, Masahiko*

日本原子力研究開発機構東濃地科学研究ユニットでは、深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を段階的(第1, 2, 3段階)に進めている。このうち第2段階では、「研究坑道の掘削を伴う調査研究による地質環境モデルの構築及び研究坑道の掘削による深部地質環境の変化の把握」を段階目標の一つとして調査研究を進めている。本報告書では、第2段階の目標を達成するために、2010年度に深度300m研究アクセス坑道において実施した、主立坑断層を対象としたボーリング調査の結果を取りまとめた。本ボーリング調査は、瑞浪超深地層研究所の主立坑において認められる断層を対象として、2孔(10MI22号孔及び10MI23号孔)のボーリング孔掘削、地質学的調査、水理学的調査、及び地下水の地球化学的調査を実施した。その結果、主立坑断層及び周辺岩盤の割れ目や変質の特徴、水理特性、及び水質分布を把握することができた。

Tono Geoscientific Research Unit of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) is performing the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project in order to establish comprehensive techniques for the investigation, analysis and assessment of the deep geological environment in fractured crystalline rock. The borehole investigations (two boreholes; 10MI22 borehole and 10MI23 borehole) have been carried out to obtain information on geological, hydrological and hydrochemical characteristics in and around the Main-shaft fault. These investigations provided that features of fracture and alteration on rock mass in and around the Main-shaft fault. Hydrological and hydrochemical properties based on the geological features were also obtained.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.