検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

平成22年度大型計算機システム利用による研究成果報告集

Summaries of research and development activities by using JAEA computer system in FY2010; April 1, 2010 - March 31, 2011

情報システム管理室

Information Technology Systems' Management and Operating Office

日本原子力研究開発機構では、原子力の総合的研究開発機関として原子力にかかわるさまざまな分野の研究開発を行っており、これらの研究開発の多くにおいて計算科学技術が活用されている。システム計算科学センターでは、計算科学技術活用成果の拡大とともに増大する計算需要に適切に対応すべく、平成22年3月に国内最大規模の性能を有するシステムを導入し、運用を開始した。新システムは、旧システムの約14倍の性能を有しながらも、運用開始後3日目で90%の利用率を達成するなど、導入当初から極めて高い利用状況にあり、旺盛な計算需要を裏付けている。平成22年度は新システムが稼働した初年度であり、規模拡大に伴う多くの成果が創出されている。本報告は、平成22年度における大型計算機システムを利用した研究開発の成果を中心に、それを支える利用支援体制,利用実績,システムの概要等をまとめたものである。

JAEA conducts research and development (R&D) in various fields related to nuclear power as a comprehensive institution of nuclear energy R&Ds, and utilizes computational science and technology in many activities. In March 2010, CCSE introduced the nation's largest system and started operations to meet growing demand of calculation. Although the performance of new system is 14 times higher than that of old system, the utilization of new system reached 90% in the first three days, bearing out the strong demand of calculation in JAEA. This report presents a great amount of R&D results accomplished by using the system in its the first year of operation (FY2010), as well as user support structure, operational records and overviews of the system, and so on.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.