検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Proceedings of the 4th International Symposium on Material Testing Reactors; December 5-9, 2011, Oarai, Japan

「第4回汎用照射試験炉に関する国際会議」論文集; 2011年12月5-9日,大洗

石原 正博; 鈴木 雅秀

Ishihara, Masahiro; Suzuki, Masahide

本論文集は、日本原子力研究開発機構主催の「第4回汎用照射試験炉に関する国際会議」に提出された論文をまとめたものである。本国際会議は、各照射試験炉の相互理解を深めるための情報交換を目的として、2008年に第1回が原子力機構大洗研究開発センター、2009年に第2回目が米国INL、2010年に第3回がチェコNRIで開催された。今年で第4回目となる本会議は、当初、アルゼンチンINVAPで行われる予定であったが、火山噴火の影響で急遽、日本で開催されることになった。会議にはアルゼンチン,ベルギー,ブラジル,フランス,ドイツ,インドネシア,マレーシア,フィリピン,韓国,南アフリカ,スイス,ウクライナ,米国及び日本から合計111名が出席した。本国際会議では、「照射試験炉の現状と今後の計画」,「照射技術」,「産業利用の拡大(RI)」,「施設,改良,高経年化の管理」,「次世代の材料照射試験炉」,「照射後試験技術」,「改良ドライバー燃料の開発」、及び「次世代の原子力人材教育」のセッションにおいて39件の講演が行われた。

This report is the Proceedings of the 4th International Symposium on Materials Testing Reactors hosted by Japan Atomic Energy Agency (JAEA). The 4th symposium was originally scheduled to be held INVAP in Argentina. However, the aftermath of volcanic explosion at Chili forced the symposium to change place. Total 111 participants attended from Argentina, Belgium, France, Germany, Indonesia, Malaysia, Korea, South Africa, Switzerland, the United State and Japan. This symposium addressed the general topics of "status and future plan of materials testing reactors", "advancement of irradiation technology", "expansion of industry use(RI)", "facility, upgrade, aging management", "new generation MTR", "advancement of PIE technology", "development of advanced driver fuel", and "nuclear human resource development(HRD) for next generation", and 39 presentations were made.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.