検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evidential Support Logicを用いた不確実性の評価; 隆起速度の算出に係る調査・解析の事例

Evaluation of uncertainty using Evidential Support Logic; Case study for the research on estimation of uplift rate

中安 昭夫; 道家 涼介; 卜部 厚志*; 小野 映介*; 新里 忠史

Nakayasu, Akio; Doke, Ryosuke; Urabe, Atsushi*; Ono, Eisuke*; Niizato, Tadafumi

地形学・地質学では、地形面の測量値,年代の推定値,地質構造データ及びそれらに基づき算出される地殻変動速度等の多種多様なデータが取り扱われる。それらのデータには、調査担当者の経験や手法それ自体に依存する不確実性とともに、調査の実施や調査結果の解釈等、調査の各段階でさまざまな種類の不確実性が含まれるであろう。このため、それら地形・地質学的データを利用し描かれる地形/地質発達史には、使用されるデータに起因した不確実性が必然的に含まれることとなる。したがって、復元した地形/地質発達史の確からしさを示すには、利用される個々のデータの不確実性の評価が重要となる。そこで、本研究では、地形発達史を描く際の主要な入力情報である隆起速度を対象として、その速度を算出するまでの過程で生じる不確実性の要因をEvidential Support Logic(ESL)により分析し、北海道北部の幌延地域における隆起速度の算出例を対象に不確実性の評価を実施した。本研究の成果は、調査の計画段階では不確実性の要因抽出として、調査の実施段階では調査結果の品質管理を行うツールとしての利用を想定している。

In this study, the factors of the uncertainties occurred in the process of data acquisition for the estimation of uplift rate, which is one of the data for drawing the topographic evolution, are analyzed by using Evidential Support Logic (ESL). The result of this study is assumed to be used as a tool for extracting the factor of uncertainties in the planning of the investigation, and for controlling the quality of results in the implementation of the investigation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.