検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東濃鉱山の閉山措置に伴う周辺環境における被ばく評価に関する検討

Study on dose assessment in surrounding environment of the Tono Mine associated with closure activity

笹尾 英嗣  

Sasao, Eiji

東濃鉱山の閉山措置に伴う周辺環境への影響の検討の一環として、捨石集積場の捨石、鉱業廃棄物埋立場の鉱業廃棄物、坑道に充填する鉱石と捨石に起因する一般公衆に対する被ばく線量を検討した。被ばくの評価点として東濃鉱山西方の東洞川評価点と南東方の日吉川評価点を設定し、現在の土地利用を考慮して基本シナリオと参考シナリオを設定した。解析は既存のデータ等に基づいて解析に必要なパラメータを設定した基本ケースで行うとともに、パラメータの幅などを考慮した代替ケースでも行った。解析の結果、東洞川評価点では、被ばく線量は基本シナリオ,参考シナリオとも最大で0.08mSv/年であり、直接$$gamma$$線,スカイシャイン及びラドンによる被ばく線量を加えると最大で0.09mSv/年となった。代替ケースにおいては、基本シナリオ,参考シナリオとも最大で0.05$$sim$$0.14mSv/年となった。日吉川評価点では、基本シナリオでは被ばく線量は最大でも0.001mSv年未満、参考シナリオでは最大で0.001mSv/年となった。代替ケースにおいて、基本シナリオではすべてのケースで最大でも0.001mSv/年未満となり、参考シナリオでは最大で0.0006$$sim$$0.002mSv/年となった。

Dose assessment associated with closure activity of the Tono Mine has been performed. Localities for dose evaluation are selected at the Higashihoragawa and Hiyoshigawa. Evaluation scenarios are classified into the base and alternative scenarios. Parameters are set-up based on the existing data. But the range and uncertainty of parameters are considered in the alternative cases. Maximum exposure doses of the base and alternative scenarios are 0.08 mSv/year, and 0.09 mSv/year including direct and skyshine $$gamma$$ rays and exposure of exhalated radon at the Higashihoragawa. On the alternative cases, exposure doses are calculated as 0.05-0.14 mSv/year in the base and alternative scenarios. At the Hiyoshigawa, maximum exposure dose is less than 0.001 mSv/year for the base scenario, and 0.001 mSv/year for the alternative scenario. On the alternative cases, maximum exposure doses are less than 0.001 mSv/year for the base scenario and 0.0006-0.002 mSv/year for the alternative scenario.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.