検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Unified effect of counter-toroidal rotation and power across separatrix on type-I ELMs in JT-60U

JT-60Uにおけるtype-I ELM特性に対する逆方向トロイダル回転とセパラトリクスパワーの統合的効果

浦野 創; 大山 直幸; 神谷 健作; 相羽 信行; 鎌田 裕; 藤田 隆明; JT-60チーム

Urano, Hajime; Oyama, Naoyuki; Kamiya, Kensaku; Aiba, Nobuyuki; Kamada, Yutaka; Fujita, Takaaki; JT-60 Team

逆方向トロイダル回転とセパラトリクスを通過するパワーによるType-I ELM特性に対する統合的効果をJT-60U装置を用いて調べた。実験はプラズマ電流に対して順方向、無回転、逆方向の接線NBを入射し、その後垂直NBを用いたパワースキャンを実施した。ELM周波数はセパラトリクスを通過するパワーをとともに単調増加したが、垂直NBの入射時には比例関係よりも強い依存性が観測された。これは、垂直NBを入射すると、周辺部でのトロイダル回転速度を逆方向へシフトすることが原因であり、周辺トロイダル回転速度を一定にするとELM周波数は、接線NBの入射方向によらず、セパラトリクスを通過するパワーに比例することがわかった。

The unified effect of counter toroidal rotation and heating power on type-I ELMs was investigated in JT-60U tokamak. ELM frequency $$f_mathrm{ELM}$$ increased monotonically together with the power across the sepratrix $$P_mathrm{sep}$$ for all the cases of tangential NBs. However, dependence of $$f_mathrm{ELM}$$ on $$P_mathrm{sep}$$ was explicitly stronger than a proportional relation when the perpendicular NBs were injected. The toroidal rotation velocity at the H-mode pedestal $$V$$$$rm_T^{rm PED}$$ shifted continuously in counter direction when the perpendicular NBs were applied. At fixed values of $$V$$$$rm_T^{rm PED}$$, $$f_mathrm{ELM}$$ increased clearly in proportion to $$P_mathrm{sep}$$.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.92

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.