検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D of validity evaluation system for seismic simulation of entire nuclear plant

原子力施設の耐震シミュレーションのための妥当性評価システムの研究開発

鈴木 喜雄; 宮村 浩子; 中島 憲宏

Suzuki, Yoshio; Miyamura, Hiroko; Nakajima, Norihiro

近年、原子力施設全体規模の耐震挙動等、実事象を扱える全容シミュレーションが可能となってきている。シミュレーションは、「偶発的な不確かさ」や「認知的な不確かさ」などさまざまな「不確かさ」を含んでいるため、このようなシミュレーションを用いて現象を正確に把握するには、これらの不確かさの度合いを定量的に導出し、低減する必要がある。このため、不確かさの度合いとして計算確度を導出し、評価するためのシステムを研究開発している。本システムは、現在、(1)局所の不確かさの要因を分析するためのツール、(2)局所の不確かさが全体の不確かさへ及ぼす影響を分析するためのツール、(3)計算確度を導出するためのツール、の3つのツールから構成されている。本論文では、特に、(1)に含まれる、シミュレーション結果から特徴的な分布を持つ領域を自動的に抽出し誤差評価結果と合わせて表示する機能について詳細に述べる。また、(1)の機能を、われわれが実施している原子力施設全体規模の耐震シミュレーションに適用し、ピーク応力の分布を抽出した結果を示す。

To estimate real behavior accurately by numerical simulations, it is indispensable to evaluate validity of simulation results because numerical simulations include various uncertainties such as "uncertainty due to randomness" and "uncertainty due to lack of knowledge". As one of approaches to evaluate validity of simulation results, we introduce "the degree of certainty" of simulations to real behavior. Here, to get a more accurate degree of certainty, we try to confirm the degree of influence about unevenness of uncertainty and to reduce uncertainty due to lack of knowledge. For this, we research and develop a validity evaluation system composed of three tools. We have applied them to our seismic simulation system which enables to execute the assembly structure analysis of an entire nuclear plant and confirmed that their functions are applicable to the simulation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.