検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震前後における免震建物の固有振動数の長期評価

Long-term evaluation of natural frequency of a base-isolated building before and after the 2011 off the Pacific coast of Tohoku earthquake

桐田 史生; 瓜生 満; 山崎 敏彦; 橋村 宏彦; 中西 龍二; 小嶋 慶大

Kirita, Fumio; Uryu, Mitsuru; Yamazaki, Toshihiko; Hashimura, Hirohiko; Nakanishi, Ryuji; Kojima, Keidai

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震(以下、「本震」という。)とその余震により、原子力機構が所有する免震建物において、その固有振動数が大きく変動し、特に本震の後、固有振動数が地震前に比べて低下していることを確認した。本論文では、本震後、約1年間の地震観測記録を用いて、免震建物の固有振動数の長期的な評価を行った。その結果、対象建物においては本震以降、数多くの中小地震を経験しているが、免震装置の振動特性への影響はほとんど見られないことを把握することができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.