検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development status of data acquisition system for LIPAc

LIPAc制御系データ収集システムの開発状況

高橋 博樹; 小島 敏行; 成田 隆宏; 榊 泰直; 小向 聡*

Takahashi, Hiroki; Kojima, Toshiyuki; Narita, Takahiro; Sakaki, Hironao; Komukai, Satoshi*

IFMIF/EVEDA加速器(LIPAc)の制御システムはEPICSを採用し、機器の遠隔監視制御、データ収集を行う。LIPAcは、IFMIF加速器を構成する基本的な機器で構成されており、それら機器の工学実証を目的としている。よって、LIPAcにおける各機器Commissioning、並びに、加速器Commissioning等のすべてのデータは、工学実証における各機器性能の検証、及び、IFMIF加速器開発活動において、非常に重要である。このように、LIPAcに関する重要なデータを確実に収集し、さらには、検証作業、開発活動における効率的なデータ検索を実現するために、Relational Database(RDB)をベースとしたデータ収集系の開発を開始した。LIPAc用DACの設計方針として、RDBとしてはPostgreSQLを用い、データ収集能力の確保、及び、データ増加時の対応を考慮し、データ収集用RDB複数台でデータ収集系を構築することとした。また、検索用PCを1台設置し、このPCを介してのみユーザはデータ検索可能とすることで、複数台のデータ収集用RDBがユーザからは1つのRDBとして扱うことを可能とすることとした。本件では、この方針のもと開発を進めている、LIPAc用データ収集系の開発状況を報告する。

Control System for LIPAc realizes the remote control and monitoring and data acquisition by use of EPICS. For the validations of each subsystem performance and the activity of IFMIF Accelerator design, it is very important data obtained by commissioning of LIPAc and each subsystem. To certainly archive the important data for LIPAc and to efficiently search the LIPAc data, for design and validation, we started developing Data Acquisition System (DAC) based on Relational Database (RDB) has been developed. The first design for DAC of LIPAc is configured (1) using PostgreSQL for RDB and (2) several RDB for data archiving to ensure the data archive performance and to consider the increasing data amount. In addition, (3) only one RDB for data search is included in DAC and users can search the data via this RDB. In this way, several RDB for DAC can behave only one RDB against users. In this article, the development status of DAC for LIPAc is presented.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.