検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characterization of edge radial electric field structures in the large helical device and their viability for determining the location of the plasma boundary

LHDにおける周辺径電場構造及び最外殻磁気面位置の決定

神谷 健作; 居田 克巳*; 吉沼 幹朗*; 鈴木 千尋*; 鈴木 康浩*; 横山 雅之*; LHD実験グループ*

Kamiya, Kensaku; Ida, Katsumi*; Yoshinuma, Mikiro*; Suzuki, Chihiro*; Suzuki, Yasuhiro*; Yokoyama, Masayuki*; LHD Experimental Group*

本研究ではLHDにおけるCXS計測による周辺径電場計測に基づく最外殻磁気面位置(LCFS)の新しい決定手法について提案する。われわれは周辺電場シアの最大値位置が真空磁場のLCFSから数cm外側にあることを1%以下の低ベータプラズマにて確認した。さらにパラメータスキャン実験によって、約3%程度までの高ベータプラズマでも適用可能であることを見いだした。また、3%から5%の超高ベータ領域では、有限ベータ効果に起因すると考えるLCFSの外向きシフトに飽和傾向が観測された。開いた磁気面における電子損失の観点からLCFS近傍における正電場構造が形成されていると考えられ、トムソン散乱計測による磁気軸位置及び電子系蓄積エネルギーの99%位置との比較についても言及している。

This paper provides and proposes a new technique to determine the location of the LCFS that is based on a characterization of the $$E$$$$_{r}$$ structure derived from CXS measurements in the LHD. We found that the spatial derivative in the $$E$$$$_{r}$$ structure had the local maximum value at the region very near, or possibly outside the vacuum LCFS location of vacuum magnetic field at the outer midplane in the low $$beta$$ plasma.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:33.17

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.