検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

円錐孔底ひずみ法による初期応力測定時に発生したコアディスキングについて

Study on core disking phenomenon on compact conical-ended borehole overcoring technique

佐藤 稔紀; 丹野 剛男; 引間 亮一; 真田 祐幸; 加藤 春實*

Sato, Toshinori; Tanno, Takeo; Hikima, Ryoichi; Sanada, Hiroyuki; Kato, Harumi*

日本原子力研究開発機構では、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発の一環として、応力解放法による初期応力測定を実施している。本報告では、地表からの深度200mの花崗岩に掘削された坑道内において円錐孔底ひずみ法による測定を実施した際にコアディスキングが発生したため、その発生条件について検討した結果、既往のディスキング発生の条件式を支持するものであった。

Japan Atomic Energy Agency has been conducting ${it in-situ}$ stress measurements by overcoring method, to aiming establish a firm scientific basis for safe geological disposal. Core disking is observed where rock stress measurements are performed by compact conical-ended borehole overcoring technique in the depth of 300m from the surface at the Mizunami Underground Research Laboratory. In this report, failure initiation of core disking is discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.