検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Implementation of dynamic cross-talk correction (DCTC) for MOX holdup assay measurements among multiple gloveboxes

多数のグローブボックス存在下におけるMOXホールドアップ測定への動的クロストーク補正(DCTC)の実施

中村 仁宣; Beddingfield, D.*; Montoya, J.*; 中道 英男; 向 泰宣; 栗田 勉

Nakamura, Hironobu; Beddingfield, D.*; Montoya, J.*; Nakamichi, Hideo; Mukai, Yasunobu; Kurita, Tsutomu

転換施設では、グローブボックス中のプルトニウムのホールドアップ在庫はHBASを用いて測定し計量管理に利用している。グローブボックスは複数あり近接していることから、グローブボックス間の中性子クロストーク補正を実施しなければならない。ホールドアップ測定下において変化するクロストークの影響を見積もるため、動的クロストーク補正法(DCTC)を新たに開発し、グローブボックス間の実際のクロストーク量をより正確に得ることができた。HBASシステムの改善とともに、DCTCによりダブルカウントされていたクロストーク量が削減され、バイアスの削減とともにPCDFの計量管理を改善することができた。DCTC方法論はセル等の限定された区域に在庫が複数ある場合においてクロストークの量を見いだすことができ、測定結果からクロストークに導かれたバイアスを削減するのに役立つ方法であり、設計段階からの保障措置設計手法への活用が期待される。

Plutonium holdup inventory in gloveboxes are measured by HBAS for the nuclear material accountancy (NMA) at PCDF. Because the gloveboxes are installed close to one another, we must make a correction for neutron cross-talk between the gloveboxes. In order to address the issue of variable cross-talk contributions to holdup assay values, we developed a dynamic cross-talk correction (DCTC) method to obtain the actual doubles signal cross-talk between multiple gloveboxes. With the HBAS improvement, the DCTC improves PCDF NMA by eliminating the double-counting of material that stems from cross-talk in the holdup assay data and eliminates this source of bias in the assay results. Since the DCTC methodology can be used to determine the cross-correlation among multiple inventories in small areas and substantially reduce cross-talk-induced biases in assay results, it is expected that DCTC technology can reflect as a safeguards-by-design.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.