検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故後のスギ花粉中Cs-137慢性摂取による内部被ばく評価

Internal dosimetry for continuous chronic intake of Cs-137 in ceder pollen after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident

木名瀬 栄; 木村 仁宣; 嶋田 和真; 波戸 真治*

Kinase, Sakae; Kimura, Masanori; Shimada, Kazumasa; Hato, Shinji*

福島第一原子力発電所事故後の防護措置研究の一環として、2012年2月から5月(119日間)までのスギ花粉観測データを用いて、慢性摂取用内部被ばく線量評価コードDSYS-Chronicにより、スギ花粉中Cs-137に対する、福島市,いわき市,水戸市,東京都文京区の成人の内部被ばく評価を行った。その結果、Cs-137を慢性吸入摂取した場合の成人の残留/排泄関数を算定するとともに、スギ花粉中Cs-137による成人の実効線量がナノシーベルトオーダーであることを明らかにした。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.