検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Sedimentation and remobilization of radiocesium in the coastal area of Ibaraki, 70 km south of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant

福島第一原子力発電所の南70kmの茨城沿岸における放射性セシウムの堆積と再輸送

乙坂 重嘉 ; 小林 卓也

Otosaka, Shigeyoshi; Kobayashi, Takuya

茨城県北部沿岸海域に設けた9定点で実施した時系列観測の結果から、福島第一原発事故によって放出された放射性セシウム(Cs)は、下記の過程によって同海域の堆積物に蓄積されたものと結論付けた。(1)施設周辺海域から海水とともに移流・拡散した溶存態の放射性Csは、事故後の早い段階で沿岸堆積物に沈着した。2012年1月現在、周辺海域における堆積物中に存在する放射性Csの大部分は、この時の沈着によるものである。(2)堆積物中の放射性Cs存在量は、浅海域ほど大きかった。これは、より多くの放射性Csが堆積物と接触したことに加えて、堆積物内そのものの鉛直輸送がより活発であるためである。(3)沿岸堆積物中の放射性Csの大部分は鉱物などの親石成分に取り込まれており、その取り込みはほぼ不可逆的である。(4)放射性Csの一部は粒径の小さな鉱物粒子に選択的に取り込まれ、海底上の高濁度層を経て水平方向に移動する。(5)現在のところ、河川からの物質負荷はこの研究海域への放射性Csの主要な供給源とは考えにくいが、今後この寄与は増加する。

From a time-series observation at 9 stations off the coast of Ibaraki, the following transport processes of sedimentary radiocesium can be inferred. (1) Major distributional pattern of the 1FNPP-derived radiocesium in coastal sediments was configurated within half a year after the accident. (2) Larger inventories of sedimentary radiocesium in the shallow region attribute to the higher contact probability of dissolved radiocesium with sediment. (3) Most of radiocesium in the coastal sediments is incorporated into lithogenic fractions, and the incorporation is almost irreversible. (4) Radiocesium is selectively accumulated in the finer-grained sediments. (5) In the study area, as of January 2012, riverine input of suspended particulate matter can be regarded as a minor process to accumulate radiocesium in the coastal sediments. Nevertheless, the relative contribution would increase years later.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:9.84

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.