検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島原発事故後のリスクコミュニケーションの実践,2-3; 放射線勉強会に参加した福島県民の意識

Risk communication practice after the Fukushima nuclear accident, 2-3; Awareness of Fukushima residents participating in the interactive public meeting on radiation and health

高下 浩文; 杉山 顕寿; 板橋 靖; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*

Takashita, Hirofumi; Sugiyama, Kenji; Itabashi, Kiyoshi; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*

原子力機構では、福島県において「放射線に関するご質問に答える会」という双方向性を重視した放射線勉強会を開催し、その際、参加者に対してアンケート調査を実施している。本アンケート調査の結果を報告する。本アンケート調査により、勉強会に対する参加者の理解度の他に、参加者の不安・心配に思うこと、福島原発事故前の放射線に対する情報の接触状況、情報源、情報提供のあり方等を把握することができた。被ばくと人体影響や食品に対する不安、子どもや将来に対する不安の存在がうかがえた。

As our risk communication activities after the Fukushima nuclear accident, we have conducted explanatory meetings on radiation risk and its influence on human health in Fukushima prefecture. We carried out a questionnaire survey for the participants at the meetings. We show the results of the questionnaire survey about awareness of Fukushima residents participating in the meetings.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.