検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

結晶質岩中の立坑掘削を対象とした脆弱部における空洞及び周辺岩盤の力学的挙動に関する検討

Study on dynamic behavior of a shaft excavated through faulted crystalline rock mass

橋詰 茂; 松井 裕哉; 堀内 泰治; 畑 浩二*; 秋好 賢治*; 佐藤 伸*; 柴田 千穂子*; 丹生屋 純夫*; 納多 勝*

Hashizume, Shigeru; Matsui, Hiroya; Horiuchi, Yasuharu; Hata, Koji*; Akiyoshi, Kenji*; Sato, Shin*; Shibata, Chihoko*; Niunoya, Sumio*; Noda, Masaru*

瑞浪超深地層研究所は、結晶質岩(土岐花崗岩)を研究対象とした深地層の研究施設であり、地層処分研究開発の基盤である深地層の科学的研究の一環として、深地層における工学技術に関する研究開発を目的のひとつとして実施している。現在は、研究坑道掘削と並行し、結晶質岩を対象とした設計・施工計画技術,建設技術,施工対策技術及び安全を確保する技術の有効性を確認するための調査研究を進めている。本報告では、同研究所の立坑掘削により、地表から深度500m地点まで掘削断面を縦断するようなほぼ垂直傾斜の断層が分布する地質条件下で生じた立坑覆工の応力変化や岩盤内変位を分析し得られた、大深度の脆弱な岩盤中の空洞及び周辺岩盤の力学的安定性に関する知見を述べる。

The "Mizunami Underground Research Laboratory" has been studying and developing engineering technology for deep underground applications. These applications are multifaceted and are categorized as development of design and construction planning technology, development construction technology, development countermeasure technology, and development of technology for construction and operation security. In this report, the dynamic stability of shaft and surrounding rock mass has been studied with respect to rock mass displacement and stress, the effect of using a concrete liner and excavating through faulted crystalline rock.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.