検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

破砕した珪質泥岩の強度および遮水性の回復

Strength and impermeability recovery of siliceous mudstone from complete failure

杉田 裕; 真田 昌慶; 藤田 朝雄; 羽柴 公博*; 福井 勝則*; 大久保 誠介*

Sugita, Yutaka; Sanada, Masanori; Fujita, Tomo; Hashiba, Kimihiro*; Fukui, Katsunori*; Okubo, Seisuke*

高レベル放射性廃棄物の地層処分においては、廃棄体を埋設した坑道の周囲に発生する掘削影響領域の特性が放射性核種の移行挙動評価のうえで重要となる。強度が小さい岩盤の場合、坑道を掘削することにより発生する掘削影響領域では岩盤の破壊も生じると考えられる。しかしながら、坑道閉鎖後の長期においては、破壊した岩盤に支保内圧と地圧の双方が作用することにより、破壊により低下した岩盤の物性が回復することが考えられる。本報告は、破壊により低下した岩盤の物性の回復を把握するために実施した室内試験の結果を示すものである。試験の結果、載荷した荷重の大きさ・時間に応じて、強度及び遮水性が回復することが明らかとなった。

Radionuclide migration can be undesirably increased by weakening the mechanical properties of a rock mass in the excavated disturbed zone (EDZ) around the tunnels of a geolical disposal facility for high level radioactive waste. Laboratory testing of loading stress and loading time on failed siliceous mudstone specimens has identified the potential for the long-term recovery of the strength and impermeability of the rock mass in the EDZ.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.