検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recovery from the earthquake and operation of the J-PARC linac

震災からの復興とJ-PARCリニアックの運転状況

伊藤 崇

Ito, Takashi

J-PARCは2011年3月に発生した震災により甚大な被害を受けた。特にリニアック施設では地上の建屋に深刻な被害を受けたため、ユーティリティー施設は数か月にわたり使用不可能となった。加速器トンネルには無数の亀裂が入り大量の地下水が漏れ出し、加速器機器は数週間の間高湿度の大気に晒されることとなった。幸いなことに、RF空洞と電磁石それ自体には深刻な被害はなかったものの、イオン源,MEBT1,SDTLセクションでは、真空ポート,ビームモニター,ベローズの破壊により真空漏れが発生した。リニアックのアライメントもまた被害を受けた。DTL空洞ではDTのボア中心に0.2mmのずれが観測され、空洞と収束磁石のアライメントには40mm以上のずれ、及び約3mradの回転方向の傾きが観測された。復旧作業の後、2011年12月にビーム運転を再開し、2012年1月にユーザーの利用運転を再開した。2012年3月にはリニアックのビームパワーは13.3kWに達し、震災前と同等のパワーとなった。本報告では、J-PRACの震災からの復旧と最近のビーム運転の状況について報告する。

The Japan Proton Accelerator Research Complex (J-PARC) facilities were extensively damaged by the March 2011 earthquake. At the linac facility, a large amount of groundwater leaked into the tunnel. Therefore, the accelerator components were exposed to high-humidity air for several weeks. Vacuum leaks occurred in ion source, MEBT1 and SDTL sections by destruction of vacuum port, beam monitors and bellows. An alignment of the linac was also damaged. There had been observed about 0.2 mm misalignment of the DT bore center in the DTL and the displacement more than 40 mm of the alignment of the cavity. After recovery efforts, we resumed the beam operation in December 2011 and user operation in January 2012. The beam power from the linac reached at 13.3 kW in March 2012, which is the same power as just before the earthquake. In this report, we will present the recovery works from the earthquake and the present operating status of the J-PARC linac.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:84.55

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.