検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ISプロセス水素製造法におけるSiC製硫酸分解器の設計

Design of sulfuric acid decomposer made of SiC for IS process hydrogen production method

竹上 弘彰

Takegami, Hiroaki

ISプロセス法は、高温ガス炉の熱を利用した大量水素製造法であり、濃硫酸やヨウ化水素等の強腐食性の流体を用いる。したがって、実用化には高温高圧の厳しい腐食環境下で使用可能な装置材料の選定・機器開発が不可欠であり、優れた耐食性と高温強度を有するセラミックスが有力な候補となる。さらに、熱源に高圧ヘリウムガスを用いるため、実用化には高圧ガス保安法といった法令に対応させる必要がある。このような課題の解決には、セラミックス構造体の設計手法が必要であるものの、一般的な手法が確立されていない。そこで、既存の構造設計基準類を参考にセラミックスの構造設計手法の考え方を検討した。本稿では、原子力機構で行った、ISプロセスで用いるSiC製硫酸分解器の構造設計に関する取り組みを紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.