検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

金属燃料高速炉の炉心・燃料設計に関する研究(4),(5)及び(6); 2009-2012年度共同研究報告書

Fuel and core design studies on metal fuel sodium-cooled fast reactor (4), (5) and (6); Joint research report for JFY2009 - 2012

植松 眞理 マリアンヌ; 杉野 和輝; 川島 克之; 岡野 靖; 山路 哲史; 永沼 正行; 大木 繁夫; 大久保 努; 太田 宏一*; 尾形 孝成*; 植田 伸幸*; 中村 勤也*; 稲垣 健太*

Uematsu, Mari Mariannu; Sugino, Kazuteru; Kawashima, Katsuyuki; Okano, Yasushi; Yamaji, Akifumi; Naganuma, Masayuki; Oki, Shigeo; Okubo, Tsutomu; Ota, Hirokazu*; Ogata, Takanari*; Ueda, Nobuyuki*; Nakamura, Kinya*; Inagaki, Kenta*

ナトリウム冷却金属燃料炉心はMOX燃料炉心に比べ重金属密度が高く中性子経済が良好である。こうした特徴を活かし、燃料仕様やナトリウムボイド反応度及びバンドル部圧力損失などの炉心設計条件を柔軟に持たせることで、高燃焼度化、増殖比の向上、燃料インベントリの低減などを目指した炉心設計が可能である。また、米国では実炉の装荷燃料として使用してきた経験が豊富であり、その実用性が実証されてきていることから、高速増殖炉サイクル実用化研究開発(FaCT)のなかで、MOX燃料炉心に続く副概念として概念検討が実施されている。一方、金属燃料サイクルの実用化に向けては、金属燃料の高温・高燃焼度条件における照射試験やマイナーアクチニド・希土類含有燃料の物性などのデータ拡充や、金属燃料炉心特有の安全特性の確認、過渡時解析手法の信頼性向上などの課題が残されている。本報では平成21年度から平成24年度に実施した日本原子力研究開発機構と電力中央研究所による共同研究「金属燃料高速炉の炉心・燃料設計に関する研究」の結果について報告する。

The characteristics of sodium-cooled metal fuel core compared to MOX fuel core are given by its higher heavy metal density and superior neutron economy. By taking advantage of these characteristics and allowing flexibility in metal fuel specification and core design conditions as sodium void reactivity and bundle pressure drop, core design with high burnup, high breeding ratio and low fuel inventory features will be achievable. On ground of the major achievements in metal fuels utilization as driver fuels in sodium fast reactors in U.S., the metal fuel core concept is selected as a possible alternative of MOX fuel core concept in FaCT project. This report describes the following items as a result of the joint study on "Reactor core and fuel design of metal fuel core of sodium-cooled fast reactor" conducted by JAEA and CRIEPI during 4 years from fiscal year 2009 to 2012.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.