検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

PHITSコードへの準重陽子崩壊過程の組み込み

Incorporation of the quasideuteron model in the PHITS code

野田 秀作; 橋本 慎太郎; 佐藤 達彦; 深堀 智生; 千葉 敏; 仁井田 浩二*

Noda, Shusaku; Hashimoto, Shintaro; Sato, Tatsuhiko; Fukahori, Tokio; Chiba, Satoshi; Niita, Koji*

PHITSによる光核反応のシミュレーション計算を改良するため、JQMDモデルを用いた準重陽子崩壊過程モデルを開発した。組み込みに使用する光核反応断面積として、JENDL光核反応データファイル(JENDL/PD-2004)を採用した。この評価値は巨大共鳴反応断面積と準重陽子崩壊反応断面積、2種類の反応断面積を足し合わせた値である。そこで、JENDL/PD-2004に評価値が収録されているすべての核種に対して、レビンガー定数を含む準重陽子崩壊反応を再現する式を用い、準重陽子崩壊反応のみによる断面積の値を決定した。評価値が収録されていない核種に対しても、レビンガー定数を核種の質量数に依存する式で再現し、準重陽子崩壊断面積を系統的に導出可能とした。また、PHITSにおいて、JQMDモデルで準重陽子崩壊過程を考慮するために、標的原子核内で反応する陽子と中性子のペア(準重陽子)を決定する操作などを組み込んだ。本研究で改良したPHITSにより、約150MeVまでの光子入射による光核反応を正確に模擬することができる。

The author has developed the quasideuteron model in the PHITS code.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.