検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

R&D status and future plan of nuclear forensics for analytical technology and national library at JAEA

日本原子力研究開発機構における核鑑識分析技術及び核鑑識ライブラリ研究開発の現状と展望

木村 祥紀; 篠原 伸夫; 佐藤 兼章; 戸田 暢史; 篠田 芳晴; 綿引 優; 久野 祐輔

Kimura, Yoshiki; Shinohara, Nobuo; Sato, Kaneaki; Toda, Nobufumi; Shinoda, Yoshiharu; Watahiki, Masaru; Kuno, Yusuke

2010年にワシントンDCで開催された核セキュリティサミットにおいて日本政府は、核物質の測定、検知及び核鑑識にかかわる技術の開発を3年間を目途に確立し、国際社会と共有するという声明を発表した。この声明を受け、核鑑識技術開発に必要なさまざまな分析能力を有している原子力機構は、2011年度から核鑑識技術の開発を開始した。原子力機構における核鑑識技術開発は、同位体・不純物測定技術や粒子形状分析技術、年代測定技術といった核鑑識分析技術に加えて、国家核鑑識ライブラリのプロトタイプ開発をカバーしており、各分野において米国DOEと国際協力の下で研究開発が進められている。研究開発プロジェクトの第一段階として、分析技術とライブラリの研究開発の結果が2013年度までに国際社会と共有される予定となっている。本発表では、原子力機構における核鑑識分析技術及び核鑑識ライブラリの研究開発プロジェクトの現状と一部結果について発表する。また研究開発の展望として、日本由来の核物質の特性評価や、核鑑識ライブラリへの原子力機構の核物質データの登録計画などについても発表する。

Japan Atomic Energy Agency (JAEA) that possesses sufficient analytical capabilities to fulfil the mission of nuclear forensics technology development has started R&D project from JFY 2011. The R&D of the nuclear forensics technology at JAEA covers the development of analytical technology such as isotope and impurity measurements, morphology analysis, age determination technique, and proto-type of national nuclear forensics library. Each topic of the R&D has been promoted under the international cooperation with US-DOE. This paper will present the present status and brief results of the R&D project on nuclear forensics analytical technology and nuclear forensics library at JAEA. Some future plan of the R&D such as attribute identification of Japanese nuclear materials, data populating plan for existing nuclear materials data in JAEA fuel cycle facilities will be also introduced in the presentation.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.