検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画; 統合化データフローの構築(研究坑道の掘削を伴う研究段階; 第2段階)

Mizunami Underground Research Laboratory Project; Preparation of geosynthesis data flow diagram (Construction phase)

濱 克宏; 佐藤 稔紀; 笹尾 英嗣; 岩月 輝希; 國丸 貴紀; 松岡 稔幸; 竹内 竜史; 尾上 博則; 見掛 信一郎

Hama, Katsuhiro; Sato, Toshinori; Sasao, Eiji; Iwatsuki, Teruki; Kunimaru, Takanori; Matsuoka, Toshiyuki; Takeuchi, Ryuji; Onoe, Hironori; Mikake, Shinichiro

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは、地層処分技術に関する研究開発のうち深地層の科学的研究(地層科学研究)の一環として、結晶質岩(花崗岩)を対象とした超深地層研究所計画を進めている。本計画は、「第1段階;地表からの調査予測研究段階」、「第2段階;研究坑道の掘削を伴う研究段階」、「第3段階;研究坑道を利用した研究段階」の3段階からなる。現在は、第2段階及び第3段階の調査研究を進めている。第2段階の調査研究では、第1段階で適用した地質環境特性評価にかかわる調査計画立案や調査手法、モデル化手法などの個別要素技術の有効性などを評価する。また、設計・施工と安全評価の観点から、地質環境調査結果を安全評価や設計に反映するための合理的な調査項目の組合せ方や、調査から解析、評価までのデータの流れを整理した統合化データフローを更新する。統合化データフローとは、調査からモデル化・解析までの合理的な道すじを示したものである。本報告書では、第2段階の調査研究における研究成果をもとに、統合化データフローを更新した結果を取りまとめたものである。なお、統合化データフローは研究の進捗などを踏まえて適宜更新する。

JAEA at Tono Geoscience Center is pursuing a geoscientific research and development project namely the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project in crystalline rock environment to construct scientific and technological basis for geological disposal of High-level Radioactive Waste. The MIU project is planned in three overlapping phases; Surface-based Investigation Phase (Phase I), Construction Phase (Phase II) and Operation Phase (Phase III). Currently, the project is under the Phase II and Phase III. In Phase II, adequacy of geological environment model is evaluated. Applicability and feasibility assessment of various elemental technologies adopted to characterize geological environment in Phase I will be evaluated. Furthermore, from a design, construction and safety assessment point of view, a series of evaluation procedures are organized and Geosynthesis Data Flow Diagram is established. This is the integrated data flow from investigation through modeling and analysis. It proposes the rational combinations of investigation items which make the investigation results reflect the safety assessment and designing. In this sense, Geosynthesis Data Flow Diagram indicates the rational framework, from investigation to modeling and analysis, for achieving individual goals and tasks. This report summarizes the Geosynthesis Data Flow Diagram optimized during Phase II investigation. The Geosynthesis Data Flow Diagram will be revised based on the research progress.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.