検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

土壌粘土鉱物中セシウムの化学結合形態; 計算科学によるアプローチ

Chemical bonding characters of cesium in soil clays; Computer simulation approaches

町田 昌彦; 奥村 雅彦  ; 中村 博樹

Machida, Masahiko; Okumura, Masahiko; Nakamura, Hiroki

福島第一原子力発電所事故により放出された放射性物質は、土壌や海水等を汚染したが、その中でも大きな問題となっているのは土壌への放射性セシウムの強い吸着である。放射性セシウムは、セシウムが周期表上、第一族元素、通称「アルカリ金属」であることから環境中ではカリウムとよく似た化学存在形態を取ると単純には考えられるが、その理解は未だに断片的であり、系統的な理解は確立していない。このような背景下、本研究の目的は、計算科学によるアプローチ(第一原理計算や分子動力学法)によって原子・分子レベルの土壌吸着化学形態を明らかにすることである。発表では、特にセシウムが粘土鉱物のエッジに十分に早い反応速度で吸着する場合について明らかにする。まず、ダイナミクスのシミュレーション結果を動画にて報告し、その結果と現実との対応について議論する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.