検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Corrosion-resistant coating technique for oxide-dispersion-strengthened ferritic/martensitic steel

酸化物分散強化型フェライト・マルテンサイト鋼に対する耐食コーティング技術

酒瀬川 英雄  ; 谷川 博康; 安堂 正己

Sakasegawa, Hideo; Tanigawa, Hiroyasu; Ando, Masami

酸化物分散強化型鋼は高速炉の燃料被覆管及び核融合炉ブランケット第一壁の構造材料として魅力的な材料である。高クロム系ODSフェライト鋼は良好な耐食性をもつが加工性に乏しく異方性を有することから実用化には困難が伴う。一方、より低クロム系ODSフェライト・マルテンサイト鋼は良好な加工性をもち異方性はマルテンサイト変態を通じて低減させることができる。しかしその耐食性は高クロム系ODSフェライト鋼よりも劣る。本研究は8CrのODSフェライト・マルテンサイト鋼を対象としての耐食性改善のためのコーティング技術を開発した。従来材料製作工程におけるカプセル材を軟鋼からステンレス鋼に変えてコーティング材としてそれを使用することにより、304あるいは430のステンレス鋼で覆われたODS鋼を製作した。

Oxide-dispersion-strengthened (ODS) steels are attractive materials for the fuel cladding of fast reactors and the first-wall material of fusion blanket. High-chromium ferritic ODS steels have better corrosion-resistance properties, but they have poor material workability and anisotropy, making their practical application difficult. In contrast, low-chromium ferritic/martensitic ODS steels have better workability and their anisotropy can be reduced through martensitic transformation. However, their corrosion-resistance properties are poor, compared to high-chromium ferrtic ODS steels. In this work, we developed a corrosion-resistant coating technique for 8Cr ferritic/martensitic ODS steel. The ODS steel was coated with 304 or 430 stainless steel by changing the canning material from mild steel to stainless steel in the conventional material processing procedure and using it as a coating material.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:67.77

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.