検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

J-PARC RFイオン源&RFQ IIIテストスタンドの制御系の構築

Construction of control system for J-PARC RF ion source & RFQ III test stand

福田 真平; 澤邊 祐希; 鈴木 隆洋*; 石山 達也*; 川瀬 雅人*; 伊藤 雄一; 加藤 裕子; 吉位 明伸; 菊澤 信宏; 大内 伸夫

Fukuta, Shimpei; Sawabe, Yuki; Suzuki, Takahiro*; Ishiyama, Tatsuya*; Kawase, Masato*; Ito, Yuichi; Kato, Yuko; Yoshii, Akinobu; Kikuzawa, Nobuhiro; Ouchi, Nobuo

J-PARC LINACは、2014年にセシウム添加高周波駆動負水素イオン源(RFイオン源)のインストールが予定されている。また、同じく2014年に現在のRFQに替えてRFQ IIIへの換装も予定されている。現在J-PARC LINAC棟にて、RFイオン源とRFQ IIIの共同のテストスタンドを組み、ビーム加速試験を行うべく準備を進めている。J-PARC制御グループでは、これらテストスタンドにもJ-PARC加速器と同等の加速器制御環境が必要であると考え、制御系をデザインした。具体的には、機器を保護するためのMPS(Machine Protection System)の導入や機器を遠隔制御するためのEPICS環境の実装、各加速器構成機器へタイミング信号を送るためのタイミングシステムの構築である。本発表では、テストスタンドにおける制御系の構築について報告する。

The installation of Cs-seeded RF-driven H$$^{-}$$ ion source (RF ion source) to J-PARC LINAC is scheduled in 2014. Similarly the replacement of RFQ III from RFQ is scheduled in 2014. The test stand of the cooperation of RF ion source & RFQ III is being made in the J-PARC LINAC building for the beam acceleration examination now. The J-PARC control group designed test stand control system by thinking that test stand control system had to be equal to J-PARC accelerator control system. Specifically, Introduction of MPS for protect an apparatus. Implementation of EPICS environment for remotely controlling the equipment. It is construction of the timing system for sending a timing signal to each accelerator component device. This report describes construction of the control system in a test stand.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.