検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effective utilization of concrete debris generated from nuclear reactors; Clearance of concrete debris generated from modification work of JRR-3

原子炉のコンクリートを資源として有効利用; JRR-3改造工事に伴って発生したコンクリートのクリアランス

岸本 克己; 里山 朝紀; 高泉 宏英; 菅野 智之; 丸山 達也; 吉森 道郎

Kishimoto, Katsumi; Satoyama, Tomonori; Takaizumi, Hirohide; Kanno, Tomoyuki; Maruyama, Tatsuya; Yoshimori, Michiro

クリアランス制度が導入される以前の1985年から1990年に行われたJRR-3原子炉施設の改造時に大量に発生した放射能レベルが極めて低いコンクリート約4000tを放射性廃棄物として保管した。保管していたコンクリートの汚染状況の事前調査を行い、その調査結果をもとに、評価対象核種の選定,測定方法,測定結果の評価方法,対象物の管理の方法などを定めた放射能濃度の測定及び評価の方法を策定し、2008年に国の認可を受けた。2009年度より国の認可を受けた方法に従って放射能濃度の測定及び評価を行い、2011年度末までに約1900tのコンクリートについて国による放射能濃度の測定及び評価結果の確認を受けた。国の確認を受けたコンクリートは再利用するために再資源化加工を行い、品質試験を受け、コンクリート再生砕石として使用するための品質基準を満たしていることを確認した。品質試験を受けたコンクリートは、原子力科学研究所内で再利用を進めており、東日本大震災の影響によって一部建物で周囲のアスファルトが陥没したため、その陥没箇所の埋め戻しをするために2011年度末までに約600t使用した。

We have been storing about 4000 tons of very low-level radioactive concrete debris as radioactive wastes generated from the modification of JRR-3 between 1985 and 1990. At that time, the clearance system was not a part of our regulatory law. We conducted a preliminary survey of contamination levels, and then established procedures for measuring and evaluating the radioactivity concentration. In 2008, the government authorized our procedures for clearance. Since FY 2009, we have measured the radioactivity concentration of concrete debris, using the government-authorized procedures. By the end of FY 2012, the government had confirmed the correctness of our measurements and evaluation results on about 1900 tons of concrete debris. We processed the concrete debris that was approved by the government for recycling. By the end of FY 2012, we had reused about 600 tons of concrete debris as backfilling material in depressed areas around buildings in the Nuclear Science Research Institute.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.