検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核鑑識技術ウラン年代測定法の開発

Development of uranium dating for nuclear forensics

大久保 綾子; 間柄 正明 ; 篠原 伸夫 

Okubo, Ayako; Magara, Masaaki; Shinohara, Nobuo

核鑑識技術情報(組成、物理・化学的特徴)をデータベース化することによって、核物質・放射性物質を用いた犯罪に対する抑止力となることが期待されている。しかし、各国の核鑑識についての技術的能力は明らかになっておらず、今後、比較評価を行うために十分な技術の整備が必要である。核鑑識において、ウランの製造時期(最後に化学処理を実施した時期)の情報は重要であり、その推定には、$$^{234}$$U-$$^{230}$$Th法が用いられている。日本原子力研究開発機構では、米国エネルギー省(DOE)との間で、核セキュリティに関する行動計画書を締結している。その中でウランの年代測定の分野にかかわる協力が行われており、分析手法に関する情報交換、共同試料の分析所間比較実験が行われた。今回の発表では、DOEと行った共同研究について概説し、ウラン標準物質の分析結果について報告する。

The database of nuclear forensics information (composition, physical and chemical characteristic) is expected to work as deterrent against crimes concerning nuclear and radioisotope materials. However, quality of analysis on nuclear forensics is unknown between countries. To establish a fundamental skill of analysis is required for inter comparison between countries. The age of nuclear material is essential information to identify the source of the material, and $$^{234}$$U-$$^{230}$$Th chronometer is widely applied. Japan Atomic Energy Agency (JAEA) concluded Project Action Sheets between Department of Energy (DOE) of US and JAEA. We conducted procedure exchange and inter-laboratory comparison exercise on uranium age dating. We will report the outline of the project and the results of age determination on uranium oxide standard.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.