検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Behavior of REEs, U and Th in sedimentary rock of Horonobe, Hokkaido, Japan

北海道幌延地域の堆積岩中の希土類元素,ウランおよびトリウムの挙動

村上 拓馬; 水野 崇 

Murakami, Takuma; Mizuno, Takashi

本研究は、高レベル放射性廃棄物に含まれるマイナーアクチニドの堆積岩における挙動を理解するために、幌延堆積岩中の希土類元素(REE)、UおよびThの空間的な分布や地質学的な時間スケールでの挙動を把握することを目的として実施した。その結果、一部の断層岩を除き、REEは岩相の変化に関わらずほぼ均一に含まれ長期的な移動・濃集が認められないことが明らかとなった。一方、そうした一部の断層岩はそのREEパターンから凝灰岩からなることが明らかとなったが、断層を伴わない凝灰岩のREEパターンと比較して重REEに減少傾向が認められた。そのため、この一部の断層岩に関して、(1)異なる組成の凝灰岩の堆積、あるいは(2)堆積後における重REEの溶脱の可能性が示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.