検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Detection of radioxenon at Takasaki and Ussuriisk in April 2013

2013年4月の高崎とウスリスクにおける放射性キセノンの検出

木島 佑一; 山本 洋一; 小田 哲三

Kijima, Yuichi; Yamamoto, Yoichi; Oda, Tetsuzo

2013年2月12日の北朝鮮による第3回核実験宣言(DPRK-3)を受け、放射性核種関連を担当している日本のNDC(国内データセンタ)-2において、放射性核種に関する解析及びATM(大気輸送モデル)によるシミュレーションを行った。2013年2月には、放射性キセノンの有意な検出はなかった。しかし、同年4月上旬に高崎観測所にて、通常のバックグラウンドレベルを大きく超える濃度の放射性キセノン133及び131mが同時検出された。また、4月中旬にロシアのウスリスク観測所においても、通常のバックグラウンドレベルではあるが放射性キセノン133及び131mが同時検出された。これらの放射性キセノン同位体の検出とDPRK-3事象との関係について検討を行った。

Following the third claimed nuclear test in DPRK on 12 February 2013 (DPRK-3), spectral analysis of radionuclide data and ATM simulation were performed by Japanese NDC-2 in charge of monitoring radionuclides. There was no significant detection of radioxenon in February 2013. However, early in April 2013, Xe-133 and Xe-131m were detected simultaneously far beyond normal background range of the activity concentration at Takasaki IMS station in Japan. And there were also simultaneous detections of Xe-133 and Xe-131m at Ussuriisk IMS station in Russia in mid-April, although these activity concentrations were within the normal background range. We studied the relations between these detections of radioxenon isotopes and DPRK-3 event.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.