検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Problem on MATXS files with multiple temperature cross section data

複数温度断面積データを格納したMATXSファイルに関する問題

今野 力; 前田 茂貴; 小迫 和明*

Konno, Chikara; Maeda, Shigetaka; Kosako, Kazuaki*

複数温度に対する多群断面積を格納したMATXSファイルに関する問題について報告する。この問題は、高速実験炉常陽を簡略化したモデル内の全中性子束,全$$gamma$$線束を、MATXSLIB-J40(JENDL-4.0からNJOY99で作成された300, 600, 900, 1200, 1800Kの多群断面積)を使い、300K, 600Kの温度条件で、DORTコードで計算した際に新たに見つかった。計算で得られた全中性子束は300Kでも600Kでもほとんど同じであったが、600Kのときの全$$gamma$$線束は300Kの時の全$$gamma$$線束に比べ10%大きくなった。この違いの原因を調べた結果、MATXSファイルの$$gamma$$生成のデータ構造とMATXSファイルを処理するTRANSXコードの間で一部整合性がとれていない箇所があることが判明した。この問題を解決するため、MATXSファイルのデータを修正するプログラムを作成した。MATXSLIB-J40はこのプログラムを用いて修正される予定である。

We report a problem on multigroup cross section data MATXS files with multiple temperatures. This problem was newly found out through neutron and $$gamma$$ flux calculations in a simple model of experimental fast reactor Joyo with DORT and MATXSLIB-J40, which is a multigroup cross section data file (300, 600, 900, 1200, 1800 K) of the latest Japanese Nuclear Data Library version 4.0 (JENDL-4.0) processed with the NJOY99 code. The calculated total neutron fluxes were almost the same both in 300 K and 600 K, while the total $$gamma$$ fluxes in 600 K were by 10% higher those that in 300 K. Through our detailed investigation, it was found out that the MATXS data format processed with NJOY was not consistent to that assumed in TRANSX for $$gamma$$ production data. In order to solve this problem, we made a simple program for modifying MATXS files to ones suitable to TRANSX. MATXSLIB-J40 will be revised with this program.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.