検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Design and delivery of beam monitors for the energy-upgraded linac in J-PARC

J-PARCリニアックのエネルギーアップグレードに伴うビームモニタの設計開発および設置について

三浦 昭彦; 大内 伸夫; 小栗 英知; 長谷川 和男; 宮尾 智章*; 池上 雅紀*

Miura, Akihiko; Ouchi, Nobuo; Oguri, Hidetomo; Hasegawa, Kazuo; Miyao, Tomoaki*; Ikegami, Masanori*

J-PARCリニアックでは、ビームエネルギー増強に関するプロジェクトが2009年度より進められている。このプロジェクトにより、リニアックの出力エネルギーが181MeVから400MeVへ変わる。これに対応するため、増強部のビームモニタを開発し、ビームコミッショニングに適した配置を検討した。本文では、エネルギー増強後のリニアックのチューニングに使用するビームモニタとそのレイアウト,チューニング方法を示し、ビームモニタの設計及び製作方法を紹介した。最後に、加速器のビームを用いたビームモニタの確認試験について言及する。

In J-PARC Linac, an energy upgrade project has started to achieve the design beam power of 1 MW at the exit of downstream synchrotron. To meet with significant upgrades of the beam parameters, beam monitors used for the beam commissioning are modified and fabricated. We discuss how to design and assemble the beam monitors for the upgraded Linac. We delivered them for the new upgraded beam line periodically and newly fabricated monitors for the longitudinal matching are also delivered because of the frequency jump between original RF cavity and newly developed cavity. Finally we suppose the commissioning plans to support the monitor check.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:68.27

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.