検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

超深地層研究所計画における岩盤力学に関する調査研究,年度報告書; 2012年度

Mizunami Underground Research Laboratory Project; Rock mechanical investigations annual report for fiscal year 2012

佐藤 稔紀; 丹野 剛男*; 引間 亮一*; 真田 祐幸

Sato, Toshinori; Tanno, Takeo*; Hikima, Ryoichi*; Sanada, Hiroyuki

本報告は、超深地層研究所計画の一環として、2012年度に実施した岩盤力学に関する調査研究項目の概要をまとめたものである。本報告書にとりまとめた調査研究項目は、(1)深度300m地点における円錐孔底ひずみ法による初期応力測定、(2)深度500m地点におけるボーリングコアを用いた初期応力測定、(3)深度500m地点におけるボーリングコアを用いた室内試験、(4)クラックテンソルによる等価連続体モデルに関する検討、(5)結晶質岩における長期岩盤挙動評価のための現象論的研究、(6)結晶質岩における長期岩盤挙動評価のための理論的研究、(7)掘削体積比エネルギーを用いた原位置岩盤物性評価に関する研究、(8)種々の計測結果に基づく深部岩盤中の応力場評価に関する基礎的研究である。

This report presents the following FY2012 activities undertaken to achieve the above goals. (1) In-situ stress measurements using Compact Conical-ended Borehole Overcoring Technique at the - 300m stage, (2) In-situ stress measurements using core-based methods at the - 500m stage, (3) Laboratory tests using core samples from boreholes drilled at the - 500m stage, (4) Study on the modeling based on equivalent continuum model, (5) Phenomenological study on long-term behavior, (6) Theoretical study for estimating long-term behavior, (7) Application of specific energy for evaluation of in-situ rock mass properties, (8) Study on estimation of in-situ rock stress based on the results of various measurements.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.