検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Impact of plasma core profiles on MHD stability at tokamak edge pedestal

トカマク周辺領域におけるMHD安定性に対するプラズマコア分布の影響

相羽 信行; 浦野 創

Aiba, Nobuyuki; Urano, Hajime

トカマク周辺ペデスタルにおけるMHD安定性に対するプラズマコア分布の影響をMARG2DコードおよびBETAコードを用いて数値解析した。EPED1と呼ばれるペデスタル分布予測モデルに基づくと、プラズマの電流分布(内部インダクタンス)を変えることでEPED1で予測されるペデスタル幅が同じであっても、周辺領域の圧力分布および電流分布が変化し、内部インダクタンスが高いほど小振幅ELMの原因と考えられるバルーニングモードが不安定化しやすいことを明らかにした。同様にプラズマ中心部の圧力分布に関連するポロイダルベータを変化させても周辺部MHD安定性は変化し、ポロイダルベータを下げるほどバルーニングモードが不安定化しやすいこと、ペデスタル領域のプラズマ密度を下げるほど同モードが安定化しやすいことを明らかにした。これらの特性を組み合わせることで、小振幅ELMであるgrassy ELMの発生条件を緩和させ、ITERなどの大型トカマク装置でも実現できる可能性を示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:18.56

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.